ホーム>不動産取引ガイド

不動産取引ガイド

不動産購入の流れ

不動産を購入する際、どんな流れで進んでいくのか分からない方が多いかと思います。
ここでは不動産購入の流れについてご説明致します。

 

資金計画を考える

不動産を購入する際にまず、手持ち金はいくらあって、そのうちどのくらい自己資金として購入資金に充てられるかを決めていただきます。
そのあとご自身の年収や家族の年収がどの位あるかを確認してください。(去年の税込み年収)この他に確認していただきたいのが、今返済しているローンがあるか?

※この確認が大事です。新しく住宅ローンを借りる場合、銀行では今返済しているローンと合算して返済できるかを判断されます。
この金額が大きい場合、今借りているローンの返済を要求されます。

もう一つは不動産購入の際の諸経費の金額・税金等も資金計画に入れてください。
そんなことを言われてもどの位かかるのか、さっぱり分からない方がほとんどだと思います。
資金計画の相談については、不動産業者、金融機関に相談されるのが良いと思います。

 

購入する物件の決定(中古・新築建売・土地・マンション)及び物件探し

購入できる物件が決まってきたら、どの物件を購入していくのかを決めて探したほうが探しやすいと思います。

不動産の物件情報は、インターネット、雑誌、新聞広告等で簡単に得る事ができ、お客様がさまざまな物件情報を比較検討できるようになりました。
これ自体は大変良いことですが、多くの物件が氾濫し、よい物件を判断するのが難しいのが現状です。このようなときは、プロのスタッフにお任せ下さい。

私どもがお客様のご意見・ご要望をうかがい、毎日のように入れ替わる豊富な物件情報の中から、条件に合った物件をご紹介させていただきます。

 

物件の見学

気に入った物件がありましたら、まず物件の見学です。

中古住宅は売主様へのご連絡、鍵の手配がありますので、3~4日前にお問い合わせください。

 

物件のお申し込み

物件見学後、良いと決めたら売主様へお申し込みをします。(買付書)

銀行にて事前相談

購入する物件が確定しましたら、住宅ローンを借りたい銀行の窓口か、ローンプラザにて住宅ローンの事前申し込みを行います。
(当社がお手伝いさせていただきます。)


※資金計画の段階にて、これらの書類を提出、相談して、借入れできる金額が決定している方は、このステップを行う必要はありません

事前相談に必要なもの (銀行の場合)

  • 運転免許証の写し
  • 健康保険証の写し
給与所得者の方
  • 直近の源泉徴収票の写し
個人事業主の方
  • 確定申告書及び付表(直近3年分)
  • 所得納税証明書(その1・その2 直近3年分)
  • みとめ印

※所得合算または夫婦・親子連帯債務の場合は双方分をご用意ください

 

不動産売買契約

銀行にて事前住宅ローン資金が確定できれば、不動産売買契約の手続きを進めていきます。

売買契約の前に宅地建物取引主任者の資格を持つ当社のスタッフが、物件についての重要事項を書面(重要事項説明書)にてご説明いたします。

不動産売買契約の締結の際に、取引内容や当事者の権利・義務などを確定します。

契約時に必要なもの

  • 印鑑・印紙代・手付金(売買代金の10%以下)・仲介手数料の半額(当社は残金支払時に全額を頂いております)

 

住宅ローンの正式申し込み(本申込み)

お客様に合った資金計画に基づき、事前住宅ローン審査の承認を受けた金融機関に必要な書類を揃えた上で、ローンの申し込み手続きとなります。
申込みから1週間位で結果が出ます。

手続きに必要なもの

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 収入証明書
  • 不動産購入を証明するもの(不動産売買契約書・重要事項説明書)
  • 上記以外にも提出を求められる書面も有ります。
    (お申込み金融機関により異なる為、その都度ご連絡申し上げます。)

 

残金支払いと物件のお引渡し(決済)

ローン契約(金融機関と契約)後、残金の支払い(売買残金の残額・司法書士に支払う報酬・仲介手数料残額など)・諸手続きが完了しますと、購入された物件の引渡しとなります。

当社スタッフが最後まで責任を持ってサポートします。

 

引越し・ご入居

全ての手続きが完了しますと、中古住宅や新築建売の場合は入居となります。
ご希望により引越し業者もご紹介いたします。

ページ上部へ